お得に航空券を買ってみよう

- お得に航空券を買ってみよう

お得に航空券を買ってみよう

航空会社が発行する株主優待券の基本的な使い方は、航空券を買うことです。原則としてどの路線や時間帯であっても普通運賃の半額ですべてのチケットを購入することができます。そのため工夫次第では、よりお得になるケースもありますよ。

繁忙期に使おう

格安航空券やLCCの登場によって、大手航空会社でも早割などの割引チケットを自らが販売するようになりました。とはいえ旅行の繁忙期であれば、使える席数が限られてしまいます。そこで有効なのが優待券です。
2016年からフライト当たりの予約可能数を制限するという話もありますが、それでも得する可能性は高いようです。予定が曖昧であっても早めに予約しましょう。つまり優待券であればキャンセル料金がかからないからです。

当日便に使おう

座席が余っていることを前提としますが、優待券は当日便に使うとメリットが大きいでしょう。つまりJALやANAなどの大手に限らずすべての航空会社で共通していますが、搭乗日になると割引運賃がなくなるからです。
直前に決まってしまう出張が多い人や企業であれば、航空会社の優待券を安い時に金券ショップなどから購入しておくとよいでしょう。また突然の休暇、行き先を決めていない旅行を楽しみたいケースでも、優待券は重宝するでしょう。


早割がない路線で使おう

大手航空会社による正規割引サービスは、基本的にLCCなどの格安航空会社と競争するために生まれたものです。言い換えるとLCCが飛ぶ時間帯、路線のフライトに対して販売されることが多いようです。
逆のパターンであれば、あまり安くはなりません。ならばそこで優待券の出番があります。優待券であれば時間帯や季節を問わず原則、当日便であっても半額でチケットを購入できます。人気がある路線を使う人にもおすすめです。

使ってみましょう

航空会社の優待券は、半額ですべてのチケットを購入できます。それだけでうれしい気分です。しかし工夫次第でもっとお得になります。面倒がらずに様々なパターンを研究して使ってみましょう。飛行機の旅が楽しくなるでしょう。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »