知人にプレゼントしよう

- 知人にプレゼントしよう

知人にプレゼントしよう

株式を権利確定日に保有していれば、正式な株主となり優待サービスを受けることができます。とはいえ多くの優待券があったとしても有効期限があるので使い切れないことも稀ではありません。ならば知人にあげてみませんか。喜ばれますよ。

お中元やお歳暮として

ANAやJAL、スターフライヤーの株主優待券は、年2回発行されます。つまり毎年5月下旬頃、株主宛に届けられ、6月1日から1年間有効となります。また11月下旬頃届き、12月1日から1年間使えます。
ならばちょうどよい時期ですね。お中元やお歳暮として旅行が好きな知人に配ってみませんか。もちろんビールや食品系の会社であれば、そういう意味もあるのでしょう。
とはいえたまたま3月決算だから、この時期になるということもあります。ちなみに10月決算のHISは、権利確定日が10月末と4月末になり、優待券は1月下旬と7月下旬に届きます。スカイマークは非上場になったので優待券自体がありません。


プレゼントとして

飛行機が嫌いな人にとっては嫌味でしょうが、旅行を頻繁にする人が知り合いでいれば、誕生日などの記念日に優待券をプレゼントしてみましょう。きっと喜ばれるはずです。
金券をプレゼントすることに違和感を覚える人もいるでしょうが、もらう側が望んでいれば、それでよいはずです。もちろん事前に確認しておけば問題はありませんね。当然ですがこちらも嫌味に思われないよう有効期限に余裕を持たせましょう。

会社で使ってみる

個人的な譲渡ではありませんが、会社の出張で使ってみる方法もあります。もちろん昨今では企業が率先して優待券を金券ショップなどから調達する事例も少なくないようです。
会社の経理システムにもよりますが、優待券を利用して差額をお小遣いに充てる。もしくは同僚へのお土産代にすることもできます。
なお会社によっては、取引の関係から利用できる航空会社が限定される可能性もあります。あらぬトラブルを起こさないように注意しましょう。

プレゼントしましょう

テレビで紹介されたことにより、株主優待券が注目されています。とはいえ有効期限内に使い切るのは案外難しいようです。ならばお互いが嬉しくなるよう、知人にプレゼントしましょう。優待券は使ってなんぼのものですから。

  « 前の記事: を読む