賢い株主優待券の買い方とは?株式の基本について知ろう!

- 株主優待券の賢い使い方

更新情報

株主優待券の賢い使い方

1円でも安い航空券を買いたい、そのために株主優待券を使うことがあります。
とはいえ優待券をもっと賢く利用してみませんか。
工夫次第で心も豊かになりますよ。

航空券を買う

1.繁忙期に使う

休日出勤であったり学校の夏休み時期などに出張がぶつかることもしばしばです。
飛行機のチケットやホテルの手配が煩雑になりますね。
運よく予約できたとしても値段が通常よりも割高です。
そんな際こそ優待券を使いましょう。
優待券による座席数を一部制限する傾向もありますが、それでも早めに予約できれば値段は半分になります。
金銭的な余裕ができれば、混雑による機内および空港でのイライラも解消できそうです。

2.当日便に使う

kabu
HISなどの旅行代理店が販売する格安航空券や大手航空会社が直接提供する正規割引チケットは、当日便に対応していません。
とはいえLCCだと機内サービスがないですね。
しかし優待券であれば、当日便なのに半額で搭乗できます。
なお優待券のもっと優れる点は、当日の予約変更であってもいわゆるキャンセル料がかからないことです。
ただし最新の優待券はスクラッチを削ってしまうと再利用できません。
金券ショップでも買取が不能になるので注意しましょう。

3.人気路線に使う

ANAの旅割、JALの先得、そしてスターフライヤーのそら旅などは、人気の路線、時間帯によって発売と同時に完売されてしまいます。
そんな際にも優待券を使ってみましょう。
つまり普通運賃で予約し、優待券で清算します。
路線によっては早割の方が断然安くなることがあります。
しかし出張などで早めの予約ができないケースでは、重宝する使い方です。
飛行機による出張が多い企業であれば、優待券が必須アイテムになるはずです。

金券として売る

1.ショップで売る

優待券があっても使い切れないことが多々あります。
気づいたら有効期限が迫っている。
稀ではないようです。
もちろん旅行の予定があって入手したとしてもキャンセルせざるを得ない場合もあります。
そんな際は、金券ショップで株主優待券買取してもらいましょう。
金券ショップで買えるものは、金券ショップに売ることができます。
当然ですが買取価格は販売価格よりも安くなります。
それでも無駄にするよりはよいでしょう。

2.オークションで売る

近くに実店舗がなければ、ネットサイトで売却することも可能です。
最近であればスマホですいすい売り買いしている人たちが増えています。
そもそも時代はチケットレスへと進んでいるようです。
一方で、ネットオークションを活用する方法もあるでしょう。
閑散期か繁忙期か、有効期限はどの程度あるか、JALやスカイマークのように会社が破綻した、様々な理由で値段は変わりますが、探せば買い取ってくれる人が見つかるものです。

知人にあげる

1.お中元やお歳暮として

心もお財布もリッチな人限定の話ですが、優待券を知人へあげましょう。
例えばお中元やお歳暮にすることです。
もちろん個人間の譲渡に全くの違法性はありません。
幸いにしてANA、JALそしてスターフライヤーの優待券は、権利確定日に株主だった人宛へ5月末および11月末に届けられます。
そのまま旅行が好きな人へ贈ると重宝されるでしょう。

2.プレゼントにする

誕生日や結婚記念日などの名目でプレゼントする方法もおすすめです。
もちろん飛行機による旅行が好きか否か、事前にチェックしておきましょう。
嫌味に思われたら困りますからね。

3.会社で使う

個人間の譲渡ではありませんが、会社の業務で使うことも考えるべきでしょう。
当該企業の経理システム次第ではありますが、差益を自分のものとすることも可能です。
もちろんそれを前提とした中小企業などもありそうです。

マニアになろう

普通の人にとって優待券は、使ってなんぼの物です。
有効期限を過ぎてしまえば、紙屑です。
しかし金券を超えた金券として、価値を重んじる人たちもいます。
いわゆるマニアです。
自分もマニアになってみませんか。
もちろん始めてしまうときりはありませんが、集めだすと楽しくなりますよ。
ランキングや相場を常にチェックする。
例えば上場廃止前のJAL優待券は、マニアからは垂涎の的です。

プレミアムな使い方

優待券を持っている人は、本来は株主なので、ゆったりしているはずです。
それをせこせこ使うのは悲しいですね。
ならばプレミアムな使い方をしてみましょう。
例えばANAのプレミアムクラスを利用する方法です。
普通運賃に比べても割安になります。
しかしマイルはより多く貯まります。
さらにゆったりとしたシートに座れ特別な機内食もありますよ。
たまには自分へのご褒美もいいですね。

賢い使い方とは

格安航空券の登場によってチケットの値段が下がり、LCCが参入することにより航空券の値段は多様になりました。
工夫次第でさらに安く、または優雅になることができます。
自分なりに株主優待券の賢い使い方を探してみましょう。